• ホーム
  • 耐震性を重要視するならウィザースホーム!

耐震性を重要視するならウィザースホーム!

ウィザースホームはLCC住宅を取り入れているハウスメーカーであり、ローコスト住宅となっています。LCC住宅は建築費など最初に必要となるイニシャルコスト、さらに実際に生活をしてからかかるエネルギーコスト、そして修繕に必要なメンテナンスコストを指しており、長くしかも快適に暮らすために作られた住宅を指しています。そのため暖房費や光熱費などの価格を抑えることができます。

メンテナンスにおいては高耐久である外壁タイルと陶器でできた瓦を用いています。耐候性や耐汚性に優れているため塗り替えの頻度を減らすことができ、しかも紫外線による劣化や退色を防ぐことができます。雨風に当たるため意外と壁は汚れているのですが、ウィザースホームで取り入れている外壁タイルは汚れを寄せ付けない作用もあるため汚れにくいです。さらに傷などもつきにくく、いつまでも良い状態の外壁を保つことができます。

ウィザースホームのこだわりは耐震性にあります。取り入れているのは2×6工法であり、別名モノコック構造とも言います。この2×6工法で使用する外壁の枠組みには骨太とされている2×6材を使用しているので、曲げの強度は2×4材の2.5倍、圧縮強度は1.6倍ほどとなっています。モノコック構造であるため外からの圧力に対して建物全体で受け止めることができます。さらに面でとらえるので力が分散され変形が起こりにくくなっています。また2×6工法とウィザースホームオリジナルの免振装置をオプションで取り付けることができます。このオプションは構造躯体にオリジナル免振装置を組み込むことで、揺れに対してのエネルギーを熱のエネルギーに変換して吸収し、やがて空気中に放散することができるものです。この組み合わせによって、震度7の揺れに対して行った実験においても衝撃を半減させたことが実証されました。

さらに強固な住宅を作るには基礎と地盤が大切であるというこだわりからスラブ一体ベタ基礎にしており、しっかりと建物の重さを面で支えることができます。基礎高は住宅金融支援機構の仕様を上回っており、耐久性と湿気対策、さらに安定性を維持することが可能です。地盤調査もしっかりと行われており、必要に応じて地盤改良工事も併せて費用に入れることができるのでより安心して生活をすることができます。

ウィザースホームのこだわりは価格を抑えながらも安心して長く生活ができるよう、耐震性に優れた住宅を提案しているという点になります。

関連記事
完成度の高いローコスト住宅なら富士建築! 2020年10月20日

関東地域のローコスト住宅として知られているのが富士住建です。富士住建は完全フル装備の家として標準装備が充実している特徴があります。完全フル装備の家ではキッチンがデザイン性や機能性がハイグレードであり、さらにシステムバスルームは1.5坪という広さでありテレビが装備されています。また他のハウスメーカーで...

ローコスト住宅が売りのハウスメーカーってどう? 2020年07月29日

近年注目されているのがローコスト住宅です。ローコスト住宅とは一般的なハウスメーカーで建てた住宅と比べた場合、建築に関する費用を抑えたものを指しています。一般的には坪単価が40万円、工事費の総額が2千万円までの住宅を指すことが多いです。一般的なハウスメーカーで建てる住宅においてはおおよそ2千5百万円か...

アエラホームでローコスト住宅を建てるメリットは断熱性! 2020年09月17日

ローコスト住宅を展開しているハウスメーカーにアエラホームがあります。アエラホームはローコスト住宅ながら、高性能のアルミ箔を使用した断熱材をしっかりと包んでおり、徹底して気密を考えた住宅を作っています。アエラホームで行っているのは柱の外側と内側の両方で断熱をする方法であり、両方の良い面を取り入れている...

断熱材のコストを節約するのはマイホームの寿命を縮める! 2020年08月31日

断熱をする方法には外断熱と内断熱の2つがあります。外断熱は家の柱と壁の間に断熱材を覆う方法であり、マイホーム全体を覆うため断熱性が大変高くなります。さらに気密性も確保しやすく、これにより結露が発生しにくい特徴があります。内断熱は外壁と部屋の壁との間、さらに天井や床下に断熱材を置いたり敷き詰めたりする...

マイホームの外壁は何を選ぶべき? 2020年08月11日

マイホームを建てる上で内装ばかりに気を取られてしまいがちですが、重視しなくてはならないのが外壁です。外壁は周囲からも見える部分であり、家の印象を決めているので慎重に選ばなくてはなりません。主流となっている外壁の一つに窯業サイディングがあります。窯業サイディングは板状になっているものであり、工場で大量...